チューリップが揺れる「森村学園」

森村学園初等部に伺いました。

幼稚園の新しい園長先生、初等部の新しい校長先生のお話を伺うことができるこの日を楽しみにしていました。

 

松本茂 理事長先生より、109年目を迎える森村学園が全学をあげて取り組む「教育の質の向上」における具体的なお話を伺いました。

武藤深雪 園長先生より、「保育ができる園長」というお言葉通りの園児に対する温かい目線に立った幼稚園の概要を伺いました。

田川信之 校長先生より、社会の変化・発展を見据えた初等部の教育、また就学試験についてのお話を伺いました。

 

何度も「15年一貫教育」というお言葉を伺いました。幼稚園・初等部・中等部・高等部が「独立自営」の建学の精神の下「正直・親切・勤勉」の校訓を行動の指針とし学年、年齢に応じて理解を深めて生活する。

私学ならではの良さ、一貫校ならではの良さ、そして森村学園の「自信」を感じて身震いがしました。

森村のお山で楽しく遊んだ森村っ子が逞しく成長していく姿が目に見えるようです。

花冷えのこの日、植木鉢のチューリップがかわいく咲いていました。

気温は低くても春たけなわです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です