第50回児童造形展

今年も私立小学校児童造形展の見学に行って参りました!

最終日、平日の午前中だというのになかなかの賑わいです。

素晴らしい個人作品、各学校のカラーが光る共同作品。ひとつひとつに目を奪われて、いくら時間があっても足りません。

特に湘南学園小学校3年生の集団制作「海は広いな大きいな」の前で足が止まりました。地引網を引く子どもたち・海の生き物を中心に表現された大きな海。子どもたちの歓声や波の音がそのまま聞こえてきそうな躍動感。湘南学園小学校そのものの息吹を感じて大変感激いたしました。

今年で50回を迎えるという児童造形展。ポスター展が開催されていて、そのあゆみを知ることができました。

50年前から参加している伝統校。校名変更している小学校。中学校・高校のみになっている学校。歴史を感じます。

私立小学校を知るために各学校の説明会に参加するのはもちろんですが、このように小学校が一堂に会する機会を拝見するのも良いものです。各校の個性を直に感じることができます。

最後に、たくさん見つけた卒塾生の皆さんの作品の感想をカードに書き、各校のポストに投函して参りました。(なんて素敵な企画!)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です